子育てママの慢性的な肩こりを解消

お子さんが小さいほど抱っこの回数が多く、つい肩がこってしまいがちに。
また乳児の間は授乳があるため抱っこし続ける時間が長く、支え続けることが辛いと悪い姿勢になってしまいます。
そんな子育ての中で起こりがちなママの慢性的な肩こりの原因と解消法を解説します。

赤ちゃんのお世話に慣れてきた時が要チェック

肩こりを招く原因のひとつは日頃の姿勢で、良い姿勢をとっていないと全身の筋肉バランスが崩れ骨格のゆがみまで招いてしまいます。
すると肩こりなどのトラブルが発生し、お世話が辛くなってしまうように。

そこで、赤ちゃんのお世話に体が慣れてきたと思う頃に姿勢やトラブルの有無を確認しておきましょう。
たとえば、授乳中ならその時に背中が丸くなりすぎていないか、母乳の出がよい方ばかりで飲ませていないかという点。
それからお子さんを抱っこする時ムダに肩があがっていたり腰をそらせすぎたりしていないかなどです。

良い姿勢で肩こり改善

良い姿勢とは立った時なら腰から背中がまっすぐになり反っていないことで、良い姿勢ができれば肩こりの改善にもつながります。

また、赤ちゃんのお世話をしていると座っている時間も多くなりますが、座った時の姿勢も重要です。
イスの背もたれに寄り掛かると骨盤が寝てしまい悪い姿勢に、足を組むと骨盤が傾きゆがんでしまう可能性が出てきます。
良い座り方は腰を反らせず骨盤が立つようにすることがポイントです。
すると自然と腕や肩の力が抜けて、骨盤の上に内臓や上半身がバランスよく乗った形になります。

肩こり改善をプロに依頼する方法も

産後の骨盤のゆがみから肩こりを招くこともあるため、産後に骨盤のケアを受けるママも増えています。
整体など専門家の元で骨盤の具合をチェックしてもらい、肩こりが起きる原因から改善していく方法も。
子育て中に崩れがちな正しい姿勢の保ち方も相談できる場合があるので、専門家に相談することもおすすめです。

12月 7th, 2015 by